World Wi-Fiとは

世界中のWi-Fiを無料で誰でもどこでも簡単に使えるようにしようというプロジェクトです。

【World Wi-Fiの3つの要素】
①Wi-Fiを利用するユーザー
②ルーター所有者
③広告主

◇Wi-Fiを利用するユーザー
ユーザーは初めに流れる10秒ほどの広告動画を見ることによって、World Wi-FiのオープンネットのWi-Fiを無料で接続することが可能になります。
世界中どこにいても、利用料を払うことなく、ネットにつなげられるのは非常に便利ですね。
当然この無料でWi-Fiを使用できるというのがWorld Wi-Fiの一番の魅力とセールスポイントです。

◇ルーター所有者
ルーターの所有者は広告主から広告収入を得ることができます。
広告収入は、World Wi-Fiのトークン(仮想通貨)であるWeToken(WT)で支払われます。
World Wi-Fiが世界的に広がれば、Wi-Fiがよく使用される場所にルーターを設置してルーターオーナーになって広告費を稼ぐことが出来ます。

◇広告主
広告主はWorld Wi-Fiを使うユーザー属性にあった広告をみてもらえることができます。

広告は年齢・性別・場所などからユーザーに適したものが配信される仕組みが組まれているので、効率的で高パフォーマンスの広告を出すことが期待できます。

また中間業者などの無駄な費用をカットできる上に、不正な視聴などもブロックチェーン(スマートコントラクト)で防ぐことが可能となっています。

WIN-WIN関係を作る

World Wi-Fiでは第三者がWi-Fiを利用するたびにルーター所有者に仮想通貨での報酬が入るため、ルーター設置の敷居が低く、より多くのルーターオーナーを作ることができます。

Wi-Fiを利用するユーザーも初めに関連性の高い広告をみるだけで無料でWi-Fiを使用することができるので、ルーターオーナー・広告主・ユーザーの三者がそれぞれWIN-WINの関係が築くことが可能になります。

World Wi-Fiプロジェクトの実現性

World Wi-Fiユーザー、ルーター所有者、広告主がそれぞれ大きなメリットがありとても素晴らしいプロジェクトに思えますが、その実現性は?

World Wi-Fiプロジェクトでは、実存する「Radius Wi-Fi」と「Adrenta」という企業がすでにプロジェクトを進めています。

実際に80都市に1万4000以上のネットワークを開設しており、従業員は100名、さらに100社の広告パートナーの実績があります。

ICOで資金調達してからプロダクトを作りプロジェクトを始めるのではなく、すでにプロジェクトの基盤ができいる部分は非常に安心できます。

プラットホーム

WORLD WI-FIプラットフォームは、ルータの所有者、プロバイダー、及び広告主のためのブロックチェーンに基づく分散プラットフォームです。
ルーター所有者は御自分のルータにWORLD WI-FIソフトウェアをインストールして、あなたのプライベートネットワークから隔離された無料のネットワークを提供してください。

World Wi-Fi製のアンテナ・リピーターを設置する事で、信号質を確保しながら、 500メートルの距離まで 送信カバーエリアを拡大することができます。

World Wi-Fi概要

※当サイトはWorld Wi-Fiプロジェクトを広める為に個人で運営しています。
World Wi-Fi社とは一切関係はありません。
また、当サイトを通して起きたいかなる損害にも一切責任は負いません。

ホームページランキング参加中

powered by crayon(クレヨン)